FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03:書物

2009.11.27.Fri.18:53
12歳を超えたころから
少女は空想のお話をノートに綴っていた。


太陽の沈まない ずっと賑やかな町
青いバラがそこいらじゅうに咲いて
辺りは全て真っ青。


ノートの横には
読みかけの詩集と
レモンティーと

そしてあの 碧い宝石。



丸く滑々した宝石を通して光を見ると
万華鏡のように反射し
「少女の青い世界」を一層輝かせる。





ある朝、早くに眼が覚めたので
いつものように机に向かい ペンを走らせる


ふと 落とした言葉


「 こんな世界に いきたかったのに 」



碧い光が部屋を覆った。





二字熟語で100のお題 その三 Type:5/追憶の苑より
-----------------------------------------------------------------------------

「いきたい」は、行きたいなのか生きたいなのか?
という^^(何



部活で
不思議の国のアリスチックな絵を描いてるんですけども
しろうさぎにめッちゃ時間をかけたんですよ!!何故か

そんで、先生が言った言葉
「このうさぎで、8割くらいやわ」

おおおおおおお!!!???

こ、これは完成度は8割ですか・・・!!
せめて9割!10割までは望まないけど!

じゃぁ私が塗ったアリスは先生的に何割なんですか・・・!



という疑問(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
>>
こんにちはー^^
了解しました。
リンクも張り替えておきますね。

おおおもうすぐ発表!緊張しますね・・・!!
(お前が緊張してどうする)

また絵ちゃしましょーねーノシ

管理者のみに表示
« 04:原色 | HOME | 02:宝石 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。